1. 日本生命保険トップ
  2. 日本生命について
  3. サステナビリティ
  4. 編集方針

編集方針

当サイトは、当社の2019年度のサステナビリティ(持続可能な社会づくりに向けた)取組について、さまざまなステークホルダーの皆さまに分かりやすくお伝えすることを目的に作成しています。
当サイトでの報告を年次報告「サステナビリティレポート」と位置づけ、マテリアリティにもとづく重点取組を中心とし、サステナビリティ(持続可能な社会づくりに向けた)取組を網羅的に報告しています。
本レポートを通じて当社グループの活動状況や方向性をご理解いただくとともに、ステークホルダーの皆さまから広くご意見をいただき、活動と開示の充実を図ってまいります。

WEBページにおけるサステナビリティレポート(年次報告)の範囲

「サステナビリティ」に格納されている以下のコンテンツが年次報告の範囲となります。

  • トップメッセージ
  • 日本生命におけるサステナビリティ経営
  • お客様/地域・社会
  • 環境
  • 従業員
  • サステナビリティ経営を支える基盤
  • イニシアティブへの参加
  • 社外からの評価
  • GRIスタンダード内容索引
  • 編集方針

報告対象範囲

報告対象期間

2019年度(2019年4月1日〜2020年度3月31日)の取組を中心に、一部対象期間外の活動内容も時期を明示して掲載しています。

報告対象組織

日本生命保険相互会社を基本とし、一部のグループ会社等の活動も組織を明示して報告しています。
大樹生命保険(株) 、MLC Limited、ニッセイアセットマネジメント(株) 、 (株)ニッセイ・ニュークリエーション、 新宿エヌ・エスビル(株)、大宮ソニックシティ(株)、アロマ スクエア(株) 、(公財)日本生命済生会、 (公財)ニッセイ聖隷健康福祉財団、 (公財)ニッセイ文化振興財団、 (公財)ニッセイ緑の財団、(公財)日本生命財団 等

発行時期

2020年10月(前回発行:2019年9月、次回発行予定:2021年9月)

参考にしたガイドライン等

  • GRIサステナビリティ・レポーティング・スタンダード 2016
  • 環境省「環境報告ガイドライン2012年版」
  • 環境省「環境会計ガイドライン2005年版」
  • ISO26000(社会的責任に関する手引き)

お問合せ先

日本生命保険相互会社 CSR推進部
〒100-8288 東京都千代田区丸の内1-6-6