1. 日本生命保険トップ
  2. 日本生命について
  3. 日本生命のお伝えしたいこと
  4. 機関投資家としての役割
  5. ESG投融資

ESG投融資

当社は従来より、資産の運用において、環境や地域・社会と共生し、経済・企業と安定的な成長を共有していく観点から、環境問題の解決や社会貢献に資するESG債等への投融資を積極的に実施しています。

また、パリ協定やSDGsなど、世界が持続的な社会形成に向けた取組を進めていく流れをふまえ、ESG投融資を強化しております。具体的には、2017年3月に、国連の責任投資原則(Principles for Responsible Investment、以下「PRI 」)に署名するとともに、「ESG投融資の取組方針」を策定し、新中期経営計画(2017-2020)において、ESG債等への投融資2,000億円の数量目標設定や、グループを活用したESG投融資の実施等を掲げ、ESG投融資をより一層強化する方針としています。
なお、ESG債等への投融資については、2017年度中に、2,000億円超を実施し、数量目標を早期に達成しました。それをふまえ、5,000億円を積み増し、新たな数量目標7,000億円を設定しました。

PRIは、持続可能な社会の実現を目的とし、機関投資家等が環境(E:Environment)、社会(S:Social)、ガバナンス(G:Governance)の課題を投資の意思決定に組込むことを提唱する原則です。

当社は機関投資家として、今後も気候変動への対応やSDGsに掲げる様々な目標に向けて、資金提供の面から支援することで、持続的な社会形成へ貢献していきます。

ESG投融資の取組方針

当社は、生命保険会社としての社会的責務をふまえ、資産特性に応じて環境・社会・ガバナンスの課題を考慮した資産運用を行い、環境や地域・社会と共生し、世界経済・企業と安定的な成長を共有してまいります。

  1. ESGをテーマとする債券投資や融資において資金使途が環境・社会課題の解決に資するかといった観点を確認することや、環境・社会に配慮した不動産投資を行うなど、資産特性に応じてESG課題を運用プロセスにおいて考慮することに努めます。
  2. 投資先企業との建設的な対話を行う中で、必要に応じてESG課題をテーマとした対話を行うとともに、適切なスチュワードシップ活動を実施するほか、対話の中で必要に応じESG課題を含む非財務情報の開示を求めます。
    また、債券投資先企業に対しても、必要に応じてESG課題をテーマとした対話を行ってまいります。
  3. グループ会社とのESG投融資ノウハウの共有や、署名企業や業界団体等との情報交換、先進事例の研究等を通じ、ESG投融資における運用プロセスの共有や改良に努めます。
  4. 当社ESG投融資実施状況の公表や、ESGに関する国際的な会議等への参加を通じた意見発信等、ESG投融資に関する活動内容について積極的な発信を行い、ESG投融資市場の活性化に貢献します。

【新中期経営計画(2017-2020)におけるESG投融資に関する主な取組】

数量目標 ESG債等への投融資7,000億円
スチュワードシップ活動 投資先企業との対話活動の継続
グループ活用 ニッセイアセット、海外現地法人を活用したESG投資
事例研究 ファンド等への投資を通じた先進事例研究

【ESG債等への投融資目標7,000億円における進捗状況】

2017年度 約2,022億円

日本生命グループとしての取組

当社グループでは、持続可能な社会の形成に向けて、当社とニッセイアセットマネジメントにおいてPRIに署名しております。
特に、ニッセイアセットマネジメントは、ESG投資において業界をリードしている存在であり、2017年のPRI年次評価において、ESG運用に関する方針や体制を評価する「戦略とガバナンス」部門、及び「上場株式(直接運用)におけるESG統合」部門で、最高評価 「A+」 を獲得しております。
なお、「戦略とガバナンス」部門は3年連続、「上場株式(直接運用)におけるESG統合」部門は2年連続での 「A+」 獲得になります。

これまでの主なESG投融資事例

環境

環境に配慮した不動産投資

ビルの新築や設備更新の際に省エネルギーに資する設備の導入等を積極的に行っており、日本生命丸の内ガーデンタワーが環境・社会への配慮がなされた不動産として、2014年度にDBJ Green Building認証の「five stars」、2015年度にLEED-CS(テナントビル版)の「本認証(ゴールド)」を獲得しています。

(2014年度、2015年度)

パリ市やロンドン交通局のグリーンボンド等への投資

パリ市の推進する「グリーンプロジェクト」(エネルギー効率の高い路面電車の導入等)、ロンドン交通局の太陽光発電システムの駅舎への導入、ハイブリッドバスや電気バスの導入等、環境に配慮したプロジェクトの推進に活用されています。

(2014年7月、2015年4月)


引用元:ロンドン交通局
アニュアルレポート
2013/14 P68,69

風力発電向けプロジェクトファイナンスへの融資

株式会社ユーラスエナジーホールディングス100%出資の特別目的会社「株式会社ユーラスエナジー河津」が静岡県賀茂郡河津町にて実施する風力発電プロジェクトに融資を実行しました。

(2016年3月)


出典:株式会社ユーラスエナジーホールディングス

国内再生可能エネルギーファンドへの投資

General Electric Company社傘下のGE EFSエナジー・ジャパン合同会社が組成する国内再生可能エネルギーファンドへの投資を通じて、国内の大型太陽光発電事業への投資を行っています。

(2017年6月)


出典:パシフィコ・エナジー株式会社

ドイツ農林金融公庫のSRI債への投資

ドイツ国内における風力やバイオマス等の再生可能エネルギーを促進するプロジェクトへの融資に活用されるものです。

(2017年9月)


出典:gettyimages

東京都発行のグリーンボンドへの投資

東京都が初めて発行するグリーンボンドへ投資しました。同都が推進する「スマートエネルギー都市づくり」(都有施設の改築・改修)等の環境対策事業に寄与するものです。

(2017年10月)


写真提供:東京都

CSRローン

環境に配慮した取組を行っている個人や企業のお客様を支援する観点から金利優遇制度を設けています。


DBJ Green Building認証とは、株式会社日本政策投資銀行と一般財団法人日本不動産研究所が行う環境・社会への配慮がなされた不動産を対象とした認証制度であり、「five stars」は5段階で最高位の認証です。

「LEED-CS(テナントビル版)」とは、米国グリーンビル協会が主催する世界で最も普及している環境指標の1つである 「LEED(Leadership in Energy & Environmental Design)」のうち、CS部門(Core & Shell)を指し、テナント用ビルが当該部門に該当します。


社会

チリ国立銀行のウーマンボンドへの投資

同行がチリ国内で推進する女性の社会進出プログラム支援や女性経営者向け融資等に活用されています。

(2016年8月)

国際協力機構の社会貢献債への投資

開発途上国の社会課題の解決(貧困削減・持続的経済成長等)に寄与する事業に活用されています。

(2016年9月)


写真提供:今村健志朗/ JICA

アフリカ開発銀行のテーマ型債券への投資

本債券により調達された資金は、例えばアフリカの人々の飲料水や公衆衛生へのアクセスを向上するプロジェクト等に活用されます。

(2016年12月)

仏銀行BPCEのヘルスケアボンドへの投資

仏国内の地域医療機関・保健施設・社会福祉施設への融資や在宅医療・介護活動への支援に活用されています。

(2017年7月)

トルコ共和国での病院開発運営プロジェクトへの融資

イスタンブール市における大型病院キャンパスの開発・運営プロジェクトへ融資しました。病床数が不足する同国において、最大規模の病院設置に活用されるものです。

(2017年7月)


出典:ルネサンスグループ

国際金融公社(IFC)のソーシャルボンドへの投資

発展途上国において生活必需品やサービスへ充分にアクセスできない低所得層の支援や、新興市場において女性が経営する中小企業の支援等に活用されるものです。

(2017年7月)

オーストラリアでの海水淡水化プラント運営プロジェクトへの融資

メルボルン市における海水淡水化プラント運営プロジェクトへ融資を実行しました。歴史的に大規模な干ばつが繰返し発生している同国における渇水対策に活用されるものです。

(2017年10月)


出典:AquaSure PtyLtd.

CSRローン

子育て支援に積極的な取組を行っている中小企業のお客様を支援する観点から金利優遇制度を設けています。


ガバナンス

日本版スチュワードシップ・コードに関する取組

当社では、スチュワードシップ活動を行う中で、投資先企業と、経営計画や事業戦略、株主還元に加え、ESGを主なテーマとする対話活動を推進しております。


その他

グローバル株式ESGファンドへの投資

ニッセイアセットと海外現地法人が運用するグローバル株式ESGファンドへの投資を実施しています。
当ファンドは、ニッセイアセットが当社グループの海外現地法人と連携し運用するファンドであり、グループとしてのESG取組をより一層進めるものとなります。