1. 日本生命保険トップ
  2. 日本生命について
  3. ニッセイ健康サポートサイト
  4. 健康コラム
  5. Vol.140 女性の更年期の原因とは?つらい症状をやわらげるにはどうすればいい?

健康コラム

Vol.140 女性の更年期の原因とは?つらい症状をやわらげるにはどうすればいい?

更年期症状とは、女性の閉経に伴って女性ホルモンが減少することで起こる一連の症状のことです。この更年期症状はなぜ起こるのでしょうか?また、症状がつらいときにはどのような対策をすれば良いのでしょうか?
このコラムでは、女性の更年期の原因と症状をやわらげるための対処法についてお話ししていきます。

女性の更年期の症状と原因

女性の更年期とは閉経を挟んだ前後5年の時期であり、50歳を中心にした前後5年(あわせて10年)程度の期間のことを言います。
この時期は20〜30代でピークを迎えた女性ホルモンの分泌が急激に低下していく時期であり、この女性ホルモンの急激な低下に伴って現れる心身の症状を更年期症状と呼んでいます。

更年期症状には、以下のようなものがあります。

  • ほてりと発汗(ホットフラッシュ)、冷え
  • めまい、頭痛、疲労感、動悸、息切れ
  • イライラ、不安、不眠、憂鬱

更年期の特徴的な症状として有名なものにホットフラッシュがありますが、冷えやめまい、頭痛、不眠や精神的な不安定さなどもよく見られる症状です。これらは女性ホルモンである「エストロゲン」が減少したことで自律神経が乱れ、さまざまな身体の調節機能が上手く働かなくなることで現れます。

ただ、更年期症状は全ての女性で同じように起こるわけではありません。
閉経に向けたホルモンの減少以外にも、加齢による見た目の変化が引き起こす心理的なストレスや家庭や仕事の変化などによる社会的なストレスなどさまざまな要因が絡み合い、それぞれ違った形で現れるのです。

つらい更年期症状にはどうやって対策すればいい?

更年期障がいの原因にはさまざまなものがありますが、主な原因は「ホルモンの減少」「身体的・精神的なストレス」と言われていますので、これらを軽減することが更年期症状の軽減に役立ちます。
以下のようなことで対策していきましょう。