1. 日本生命保険トップ
  2. 日本生命について
  3. ニッセイ健康サポートサイト
  4. 健康コラム
  5. Vol.125 大人のはしか

健康コラム

Vol.125 大人のはしか

はしか(麻しん)とは

はしかは、麻しんウイルスに感染して起こる感染症です。その感染力は強く、はしかに対する免疫がないと、同じ空間にいただけでほぼ100%感染し発症してしまいます。感染すると約10日後に発熱や咳、鼻水など風邪のような症状が出ます。2〜3日症状が続いた後に、突然39℃以上の高熱と全身に赤いブツブツが出ます。そのため、発症早期は、はしかにかかったことがわからずに、周りに感染を広げていく危険があります。

怖いはしかの合併症

はしかには、根本的な治療がありません。1000人に1人は脳炎を起こし、命に関わる状態になります。なお、妊娠中にはしかにかかると、流産や早産を起こす可能性が高くなります。
また、10万人に1人の割合で、はしかの治療後、数年から10年ほど経ったところで、亜急性硬化性全脳炎という病気を発症することがあります。こちらも、根本的な治療が確立されていない難病の一つです。

はしかの予防

はしかは、ワクチンで予防が可能です。現在は、1歳および小学校入学前の2回定期接種を行っています。はしかにかかるリスクがある人は、1977年より前、はしかの予防接種が定期となっていなかった方々と、1978年以降の2回目のワクチンを受けておられない方々です。また、はしかのワクチンは生ワクチンなので、妊娠中はワクチンを打つことはできません。

日本の現状

現在日本は、国内で発生するはしかが撲滅されている「はしかの排除国」として、世界保健機関(WHO)に認定されています。しかしこれは、海外からはしかにかかった人が来日した場合、簡単に感染が広がる状態ということですから安心はできません。2018年度は、海外ではしかにかかった人が帰国して周囲に感染を広げ、沖縄や名古屋で大きな問題となったという事例もありました。
はしかは普段の予防が一番大切です。周囲に感染が広がるとワクチン不足になることもありますので、はしかにかかったことがあるのか、予防接種を受けているのか、早めに確認されることをお勧めいたします。そして、もし、はしかにまだかかっていない、ワクチンを受けていない場合は、早めに医療機関にご相談ください。

医師(感染症内科)井村 春樹
京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻健康情報学分野 中山健夫教授研究室
提供元:NPO法人エビデンスベーストヘルスケア協議会、株式会社ライフケアパートナーズ

ご契約者の方であれば、いつでも無料で、はしかについて、看護師等の資格を持った専門スタッフにご相談いただけるサービスがご利用できます。
詳しくはコチラ