1. 日本生命保険トップ
  2. 日本生命について
  3. ニッセイ健康サポートサイト
  4. 健康コラム
  5. Vol.106 白血球の役割

健康コラム

Vol.106 白血球の役割

血液の中には白血球、赤血球、血小板の3種類の細胞がありますが、その中で白血球は免疫反応に関係して、ウイルスや、「がん」などの生体防御に働く重要な細胞です。

白血球には、①好中球、②好酸球、③好塩基球、④リンパ球、⑤単球の5種類があり、それぞれ役割や特徴は以下の通りです。
① 好中球は、細菌や真菌などの病原菌を貪食(どんしょく/呑み込むこと)し、殺菌を行います。
② 好酸球は、アレルギーや寄生虫の感染などにより増えます。
③ 好塩基球は、即時型のアレルギー反応に関係しています。
④ リンパ球は、病原体やがん細胞などの異物を攻撃します。ただし、正常な細胞を攻撃してしまうなど免疫が働きすぎないようにブレーキをかける制御システム(免疫チェックポイント機構)があります。
ところが、がん細胞は、リンパ球が攻撃できないような物質を作り出して、増殖を繰り返します。
ちなみに、このたびノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑(ほんじょたすく)先生の研究はリンパ球の働きに関するもので、そのリンパ球が攻撃できないようにする物質に注目することが抗がん剤の開発につながりました。
⑤ 単球は、血液中から出て組織内に入るとマクロファージに分化し、組織の異物を処理します。

白血球が増加する場合は、細菌による感染症や急性の炎症などでみられます。感染症や炎症がおさまると、白血球数は正常化します。喫煙者では白血球数の増加がみられますが、これは慢性的な炎症を起こしていると考えられ、禁煙することで白血球が正常化してきます。ただし、中には血液疾患の場合も含まれていますので、精密検査が必要です。
一方、ウイルスなどの感染症や解熱鎮痛剤・抗菌薬などの薬剤で一時的に白血球が減少する場合もあります。しかし、慢性的に減少している場合には血液疾患が潜んでいる場合もあるので、この場合も精密検査が必要となります。

白血球の判定

白血球数が増減する病気や原因

臨床予防医学 坂根 直樹
(京都医療センター臨床研究センター予防医学研究室室長)
提供元:NPO法人エビデンスベーストヘルスケア協議会、株式会社ライフケアパートナーズ

健康診断の結果で気になる点はございましたか?
ご契約者の方であれば、いつでも無料で、看護師等の資格を持った専門スタッフにご相談いただけるサービスがご利用できます。
詳しくはコチラ