1. 日本生命保険トップ
  2. 日本生命について
  3. ヘルスケア領域の取組みについて

具体取組みのご紹介

日本生命のヘルスケア領域の取組みについて

ヘルスケア領域に取組む意義

当社は、中期経営計画「全(ぜん)・進(しん)-next stage-」において、「人生100年時代をリードする日本生命グループに成る」ことをスローガンに掲げ、保険事業に+α の価値を創造することを目指しております。
今後、「人生100年時代」を迎える中、個人においては、より長く健康でありたいというニーズ、企業においては、健康保険組合の財政を健全化したいというニーズや、労働生産性向上に向け従業員の健康問題を解決したいというニーズが高まっております。
こうしたニーズや現状を踏まえ、当社はヘルスケア事業を本格展開し、国民の健康寿命延伸に貢献するとともに、本業である保険事業の高度化を実現し、お客さまサービスや利便性の向上を目指してまいります。

日本生命済生会(日本生命病院)


▲新病院外観

日本生命済生会は、1924年当社によって『相互扶助』『共存共栄』という生命保険事業の精神を実践する場として設立されました。設立当初より「済生利民」を基本理念とし、2012年4月には、地域に対して「予防・治療・在宅まで一貫した総合的な医療サービス」を提供してきたことが評価され、大阪府より公益財団法人として認定を受けました。
緒方洪庵ゆかりの名門緒方病院の土地建物を継承し、1931年、日生病院を大阪市西区に開院しました。現在では、27診療科、350病床を有し、高いレベルの医療を提供しています。そして、2018年4月30日には、前病院から近隣にある西区江之子島に新病院を新設移転するとともに、「日本生命病院」と名称変更しました。これからも、地域・社会のニーズにより一層お応えできる病院を目指してまいります。

(公財)日本生命済生会 日本生命病院

メディカルレポート
〜日本生命病院のドクターによるコラムはこちら〜

大学・パートナー企業との共同取組み

当社は、大阪大学のプラットフォーム「産学連携・クロスイノベーションイニシアティブ」に参画し、今後、双方が持つ医療ビッグデータ等を活用しながら、健康増進・健康寿命延伸や民間保険の商品・サービス強化に向けた共同研究に取組んでまいります。
また、スタートアップを含む様々なパートナー企業と協力し、生活習慣病・糖尿病予防の啓発や早期発見の促進に貢献してまいります。
その第一弾として、サリバテック社との検査技術開発への協力を開始し、がんの予防意識向上や早期発見に資する新たな検査技術を用いた健康増進支援サービスの提供を検討します。
今後も、大企業・スタートアップ企業を問わず同じ志を持つ企業と積極的に連携強化を行い、様々なスキームで健康増進支援取組みを積極的に展開してまいります。

具体取組みのご紹介

日本生命の健康増進取組み

個人のお客様

ご契約者限定サービス

法人のお客様

野村総合研究所・リクルートライフスタイルとの共同取組みで、2018年4月より提供するサービスです。

地域・社会

本社役職員

役職員自身の健康増進として、健康増進策の推進とワークライフマネジメントの実践を2本柱とした取組みを行っています。