1. 日本生命保険トップ
  2. 保険相談窓口(ニッセイ・ライフプラザ)
  3. お客様の声

お客様の声

30代女性
出産を機に…

<保険見直しのご相談>
出産を機に、加入している保険の見直しをしたいと思い窓口に伺いました。契約内容の説明に加え、がんになる可能性やがんになってしまった場合にかかる費用、また、子どもが生まれたことによる必要な保障の変化について、説明を受けました。見直しをするなら今の保険は解約するしかないと思っていましたが、医療特約を新しいタイプに変更することができると分かり、そうすることにしました。また一時金でがんに備えることは、私に万一のことがあったときには家族への保障にもなることを知り、そのまま維持することにしました。今後、家族が増えたときはまた相談したいと思います。

70代女性
相続のことを聞いてみたくて…

<相続のご相談>
相続のことを聞いてみたくて、窓口に伺いました。私には娘が2人おりそれぞれに1000万円残すつもりでした。しかし娘からは相続税のことは難しくて、高齢の私には理解できないだろうから何もしなくていいと言われていました。それが少し悔しく、思い切って伺いました。担当の方が「保険の非課税枠」の活用について資料を使い教えてくれました。税金のことは私のような高齢者には理解しづらいことだけど、自分で聞いて理解できたことが嬉しく、娘にもすぐ説明し、終身保険に加入することにしました。一生懸命丁寧に説明してもらえ、とても親切な対応だと思いました。

30代男性
どうしてもお金が入用で…

<解約のご相談>
どうしてもお金が入用で保険を解約するために窓口に伺いました。親が入院し、入院費の支払いを私が負担することになりました。しかし子どもにもお金がかかる時期で蓄えがなく、保険を解約するしかないと思いましたが、他に保険に加入はしておらず、本当は解約したくないということを伝えました。担当の方は私の話をうなずきながら聞き、契約内容を確認した上で、解約金の範囲内で貸付する方法があることを教えてくれました。結局、貸付と併せて契約内容の見直しをしました。解約しか方法がないと思っていたので、窓口で相談をしてみて、本当に良かったと思いました。

40代女性
今の自分に保険は必要だろうか…

<保険見直しのご相談>
新入社員のときに保険に加入してから約20年が経ち、独身の自分にはこの保険は必要ないのではと思い窓口に伺いました。自分の状況や考えを伝えると、担当の方も偶然同年代の独身の方だと分かり「あなたならどうするのか」と聞いてみました。「正解はありませんが、私は兄弟や周りに迷惑をかけずに生きていくための最低限の保障は持っておきたいと思っています」と答え、そのために少しの死亡保障と終身の医療保障、貯蓄などを準備していると教えてくれました。担当の方の真摯な受け答えに共感し信頼できたので、解約ではなくアドバイスに沿った見直しをしました。