1. 日本生命保険トップ
  2. 保険をご検討中のお客様
  3. 商品を選ぶ
  4. 商品一覧
  5. 金融機関窓口販売商品
  6. プラチナドリーム

プラチナドリーム ニッセイ株価指数連動型年金

新規のご契約のお取扱はしておりません。
記載の情報はH22.4.1時点の情報です。

お客様にご負担いただく諸費用等について

この商品にかかるお客様にご負担いただく諸費用等は「①ご契約締結時の費用」と「②据置期間中の費用」と「③年金支払期間中の費用」の合計額となります。

ご契約締結時の費用
契約の締結に必要な費用であり、一時払保険料に下記割合を乗じた金額が差引かれます。
据置期間中の費用

契約の維持等に必要な費用ならびに死亡給付金を最低保証するために必要な費用であり、あらかじめ保険契約関係費率等を控除したうえで積立利率を定めております。据置期間中の費用の総額は、一時払保険料に下記割合を乗じた金額となります。
ただし、据置期間中に年金額を確定した場合はこの限りではなく、日本生命所定の費用を控除します。

据置期間 5年 7年 10年
①ご契約締結時の費用 2.5% 3.5% 5.0%
②据置期間中の費用(総額) 1.7% 2.4% 3.6%
①+②合計(一時払保険料に対して) 4.2% 5.9% 8.6%
年金支払期間中の費用

つぎの費用を控除したうえで年金額は計算されます。

③年金支払期間中の費用 支払年金額に対して・・・1%
  • 第1回年金支払日以降、年1回の年金支払日に責任準備金から控除します。

解約払戻金額は一時払保険料を下回る場合があることについて

  • この商品は、一時払保険料から契約の締結に必要な費用を控除した後の金額を、「積立金(最低保証年金原資部分)」と「積立金(株価指数連動年金原資部分)」の2つの部分に分けて積立てます。積立金(最低保証年金原資部分)は、日本国債等を中心に運用し、市場金利の変動を積立金(最低保証年金原資部分)に反映しております。したがって、据置期間中の積立金(最低保証年金原資部分)の金額は、積立金(最低保証年金原資部分)に投入された金額を下回ることがあります。積立金(株価指数連動年金原資部分)は、株価指数の変動および経過期間に応じて変動します。また、米国株式型では、S&P500を円換算した値を株価指数として使用しているため、為替の変動によっても積立金(株価指数連動年金原資部分)が変動します。したがって、据置期間中の積立金(株価指数連動年金原資部分)の金額は、積立金(株価指数連動年金原資部分)に投入された金額を下回ることがあります。解約払戻金額は、上記を合計した据置期間中の積立金額と同額となります。したがって、解約払戻金額は一時払保険料を下回ることがあり、損失が生じることがあります。
  • 保険料を借入金で調達した場合は、解約払戻金等で借入元金を返済できなくなることがあります。したがって、借入金を一時払保険料に充当してお申込みいただくことはできません。
  • 年金額は、年金原資に基づき、年金支払開始日における基礎率(予定利率、予定死亡率等)によって計算されるもので、ご加入時には将来受取る年金額は定まっていません。
  • ご検討にあたっては、「契約締結前交付書面兼商品パンフレット」と「積立利率・投入割合・換算率のお知らせ/積立金(解約払戻金)例表」とを合わせてご覧ください。
  • お申込みにあたっては、クーリング・オフ制度、お支払事由の詳細や制限事項等、契約内容に関する重要な事項について記載している「契約締結前交付書面」と「ご契約のしおり-約款」を必ずご確認ください。
当商品のお手続きやお問合せ

お客様専用フリーダイヤル

0120-562-186(通話料無料)

携帯電話・PHSからもご利用になれます。

受付時間 月〜金曜日 9:00〜17:00(祝日・12/31〜1/3を除く)

このコンテンツをご利用いただくためには、最新版のFlash® Playerが必要です。
お持ちでない方は最新のFlash® Playerをダウンロードして、インストールしてください。

PDFファイルをご覧いただくためには、最新版のAdobe® Reader®が必要です。
お持ちでない方は最新のAdobe® Reader®をダウンロードして、インストールしてください。