1. 日本生命保険トップ
  2. 保険をご検討中のお客様
  3. 保険の基礎知識
  4. 保険にはどんな種類があるの?

保険にはどんな種類があるの?

ひとことで「保険」と言っても、その種類や組合せはたくさん。
自分にぴったりの保険を見つけるためには、まずそれぞれの保険の特徴を知ることが大切です。
ここでは、そんな保険の種類と基本形について解説します。

基本の形と種類

生命保険の基本形

生命保険には大きく分けて3つの基本形があります。

「死亡保険」
死亡や高度障がい状態になったときに保険金が支払われる形。
定期保険・終身保険がこれにあたります。
「生存保険」
契約してから満期まで生存していた場合に保険金が支払われる形。
年金保険がこれにあたります。
「生死混合保険」
死亡や高度障がい状態になったときは死亡保険金が、満期まで生存していたときは生存保険金が支払われる形。
養老保険がこれにあたります。

そして、近年では3つの基本形に加えて、病気やケガで入院・手術したときに給付金が支払われる「医療保険」や、特定の病気にかかったり、要介護状態になったりしたときは、まとまった一時金が支払われる「生前給付保険」なども登場しました。

これらの保険を単独で、あるいは組み合わせることで生命保険はできています。

生命保険の種類

生命保険には必要な「備え」に応じた3つの種類があります。

ちょっとひと息 〜生きるための保険「生前給付保険」〜

「生前給付保険」という言葉を耳にしたことがありますか?
生命保険は、死亡した場合に保険金を受取るものとおもわれがちですが、特定の疾病や症状になった際に生きているうちに保険金を受け取ることができるものもあります。これが「生前給付保険」です。

例えば、3大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)になった場合には、手術などで一時的な費用がかかります。
その備えのために、3大疾病になったときに支払われる生前給付保険があります。

他にも、要介護状態になった場合には、介護での収入の減少や住宅の改築等でお金がかかります。そんなリスクに備えるために、一定の介護状態になった場合に支払われる生前給付保険があります。

まさに重い病気にかかっても決してあきらめず、生き抜くためにある保険。医療保険と並んで「生きるための保険」と呼ばれる理由がわかりますね。

日本生命の商品では、

などがこれにあたります。