ケース3:旧契約と新契約(介護医療対象契約)に加入

加入例 

【契約1】
○契約年月日:平成20年9月1日 ○保険種類:定期保険 ○年間支払保険料:180,000円

【契約2】
○契約年月日:平成22年6月1日 ○保険種類:年金保険* ○年間支払保険料:120,000円

【契約3】
○契約年月日:平成24年4月1日 ○保険種類:医療保険 ○年間支払保険料: 36,000円

*個人年金保険料控除を受けるには、個人年金保険料税制適格特約の付加が必要

  • 契約1は旧制度の一般生命保険料控除の対象
      支払保険料:180,000円  ⇒  控除額は5万円
  • 契約2は旧制度の個人年金保険料控除の対象
      支払保険料:120,000円  ⇒  控除額は5万円
  •   契約3は新制度の介護医療保険料控除の対象
      支払保険料:36,000円  ⇒  控除額は2.8万円
  • 合計控除額 5万円+5万円+2.8万円=12.8万円>12万円  ⇒  控除額は12万円

フローチャート

上記加入例における合計限度額の算出をフローチャートにすると以下のとおりになります。

旧制度契約 一般 年金 介護医療
支払保険料 180,000 120,000 -
控除額 50,000 50,000 -
新制度契約 一般 年金 介護医療
支払保険料 0 0 36,000
控除額 0 0 28,000

控除額判定フローチャート

かんたんシミュレーション