1. 日本生命保険トップ
  2. ご契約者様
  3. 旧同和生命ご契約者様へ
  4. 預金残高不足で保険料の口座振替ができなかった

預金残高不足で保険料の口座振替ができなかった

お手続きのご案内

月払契約の場合
当月分が残高不足で振り替えができなかったときは、翌月に2カ月分の保険料を口座から振り替えさせていただきますので、翌月の振替日の前営業日までに2カ月分の保険料をご準備ください。
年払・半年払契約の場合
残高不足で振り替えができなかったときは、翌月に再度保険料を口座から振り替えさせていただきますので、翌月の振替日の前営業日までに振替予定金額をご準備ください。
口座振替扱契約の振替日は毎月27日で、土・日・祝日のときは翌営業日の振り替えとなります。

払込猶予期間とは

保険料は「保険証券」に記載の保険料払込期月内にお払込みいただくことが原則ですが、払方によって以下の「払込猶予期間」があります。

月払の場合
払込期月の翌月1日から末日までです。
年払・半年払の場合
払込期月の翌月1日から翌々月の月ごとの契約応当日までです。

失効とは

  • 保険料お払込みの猶予期間を過ぎても保険料のお払込みがなくご契約の効力が失われることを「失効」といいます。
  • 払込猶予期間が経過した場合、ご契約の継続年数によっては、「自動振替貸付」が適用されることがありますが、その適用ができない場合、契約の効力は失われてしまいますのでご注意ください。

自動振替貸付とは

  • 保険料の払込猶予期間を過ぎたご契約に対して、そのご契約の解約返戻金の範囲内で保険料を自動的に当社が立替え、契約を有効に継続させる方法を「自動振替貸付」といいます。
    ただし、解約返戻金が少ない場合は、保険料の立替えができず、すぐにご契約が失効することになりますのでご注意ください。
    また、立替えた保険料には利息がつきます。
    自動振替貸付の貸付利率は以下のとおりです。

貸付利率 年3.75%(平成21年4月1日現在)

  • 年払は1年ごと複利、半年払は半年ごと複利、月払は月ごと複利で計算いたします。
  • 貸付利率は年2回見直しを行い、利率変更の必要がある場合は、4月1日または10月1日から貸付中のものも含め新利率が適用されます。
  • 自動振替貸付金のご返済は一括で返済いただくほか10,000円以上の分割返済も承ります。
    詳しくは契約者ご本人から移転契約事務センターへご連絡ください。
移転契約事務センター(旧同和生命ご契約専用窓口)

0120-108-740(通話料無料)

携帯電話・PHSからもご利用になれます。

受付時間 月〜金曜日 9:00〜17:00 (祝日・12/31〜1/3を除く)
  • おかけ間違いのないようご注意ください。
  • プライバシー保護のため、お問合せは契約者ご本人からお願いいたします。
  • 移転契約事務センターへのお電話の内容は、当社業務の運営管理およびサービス充実などの観点から、録音させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。
    なお、当社の個人情報保護方針をご覧ください。