1. 日本生命保険トップ
  2. 日本生命について
  3. 日本生命のお伝えしたいこと
  4. 日本生命120年のあゆみ
  5. 今日までのあゆみ

今日までのあゆみ

  • 創業−相互扶助の精神−

  • 堅実経営と発展

  • 戦後の再建と躍進

  • 新たな時代と進化

創業 −相互扶助の精神−

明治22年 有限責任日本生命保険会社創立

創業者 弘世助三郎

日本生命創業のアイデアは滋賀県彦根市で生まれました。

彦根の銀行家、弘世助三郎は、地元の相互扶助の組織に古くから関係していました。
これは皆で出し合い積み立てたお金を、万一の震災や貧困、病気などのときにあて、お互いが助け合うというもので、彼はこの相互扶助の事業に深い関心を抱いていました。

そしてこの相互扶助のしくみをいっそう整備して、社会に広く実施したいという思いの中、彼の呼びかけで関西財界が結集。明治22年7月4日、大阪府知事に「有限責任日本生命保険会社」の創立願が受理され、ここに日本生命の歴史は始まりました。

契約者への利益配当のはじまり

当時、日本独自の保険料表(年齢別の死亡率に基いて保険料を算出したもの)がなく、当社でも欧米の死亡統計に準拠したものを利用することが想定されていました。しかし、安定的な事業運営を第一に考える経営陣は、科学的な根拠が不十分な保険料表を用いることを是とせず、開業は日一日と延期されることとなりました。

この問題を解決したのが、東京帝国大学教授 藤澤利喜太郎氏の協力でした。ただ、これには「契約者への利益配当の実施」という条件がつけられました。利益配当は今日でこそ一般的ですが、自らの資本を危険にさらして創立した会社の利益を、出資者ではなく、契約者に割り戻すことは思いもよらぬことでした。

「フジサワノセツ ショウチセリ スグタノメ」
契約者への利益還元を決めた当時の電報

藤澤の協力を求めて東京に出張していた担当者からの報を受け、大阪では緊急の重役会議が開かれました。そして、保険の根本にある「相互扶助」の精神に基き、藤澤の「契約者への利益還元」という意見を取り入れることが決まったのです。

この決定を伝える電報がすぐさま東京に飛びました。藤澤たちは連日遅くまで作業を続け、保険料表は1週間でできあがりました。

そして、明治22年9月20日、日本生命は営業を開始しました。