1. 日本生命保険トップ
  2. 日本生命について
  3. CSRへの取組
  4. 内容索引
  5. GRIスタンダード内容索引

GRIスタンダード内容索引

本報告書は、「GRIサステナビリティ・レポーティング・スタンダード2016」を参照しています。関連する情報の記載箇所は以下の通りです。

GRI 102:一般開示事項
1.組織のプロフィール
102-1 組織の名称 ・会社概要
102-2 活動、ブランド、製品、サービス ・日本生命の経営戦略(ディスクロージャー資料)
・お客様のために
102-3 本社の所在地 ・会社概要
102-4 事業所の所在地 ・会社概要
・日本生命の経営戦略(ディスクロージャー資料)
102-5 所有形態および法人格 ・会社概要
102-6 参入市場 ・会社概要
・日本生命の経営戦略(ディスクロージャー資料)
102-7 組織の規模 ・会社概要
・業績案内
102-8 従業員およびその他の労働者に関する情報 ・従業員の動向
102-9 サプライチェーン ・代理店とともに
102-11 予防原則または予防的アプローチ ・ESG投融資の取組方針
・リスク管理の徹底
102-12 外部イニシアティブ ・イニシアティブへの参画
・資産運用を通じた取組
・多様な人材の意欲・能力の最大限発揮を促すダイバーシティ推進
2.戦略
102-14 上級意思決定者の声明 ・トップメッセージ
102-15 重要なインパクト、リスク、機会 ・特定したCSR重要課題
・日本生命のCSR取組とSDGsの関係
・ESG投融資の取組方針
・リスク管理の徹底
3.倫理と誠実性
102-16 価値観、理念、行動基準・規範 ・経営基本理念
・勧誘方針
・ESG投融資の取組方針
・環境保護のために(方針・体制)
・コンプライアンス(法令等遵守)の推進
102-17 倫理に関する助言および懸念のための制度 ・コーポレートガバナンス体制の構築
・コンプライアンス(法令等遵守)の推進
4.ガバナンス
102-18 ガバナンス構造 ・環境保護のために(方針・体制)
・コーポレートガバナンス体制の構築
102-19 権限移譲 ・環境保護のために(方針・体制)
102-20 経済、環境、社会項目に関する役員レベルの責任 ・環境保護のために(方針・体制)
102-21 経済、環境、社会項目に関するステークホルダーとの協議 ・ステークホルダー・エンゲージメント
・ESG投融資の取組方針
・環境保護のために
・相互会社運営
102-22 最高ガバナンス機関およびその委員会の構成 ・コーポレートガバナンス体制の構築
102-23 最高ガバナンス機関の議長 ・コーポレートガバナンス体制の構築
102-24 最高ガバナンス機関の指名と選出 ・コーポレートガバナンス体制の構築
102-25 利益相反 ・内部統制システムの整備
・利益相反の管理について
102-26 目的、価値観、戦略の設定における最高ガバナンス機関の役割 ・環境保護のために(方針・体制)
・コーポレートガバナンス体制の構築
102-27 最高ガバナンス機関の集合的知見 ・相互会社運営
102-29 経済、環境、社会へのインパクトの特定とマネジメント ・ESG投融資の取組方針
・環境保護のために(方針・体制)
・相互会社運営
・コーポレートガバナンス体制の構築
102-30 リスクマネジメント・プロセスの有効性 ・環境保護のために(方針・体制)
・コーポレートガバナンス体制の構築
102-32 サステナビリティ報告における最高ガバナンス機関の役割 ・環境保護のために(方針・体制)
・コーポレートガバナンス体制の構築
102-33 重大な懸念事項の伝達 ・コーポレートガバナンス体制の構築
102-35 報酬方針 ・コーポレートガバナンス基本方針
102-36 報酬の決定プロセス ・コーポレートガバナンス基本方針
102-37 報酬に関するステークホルダーの関与 ・コーポレートガバナンス基本方針
5.ステークホルダー・エンゲージメント
102-40 ステークホルダー・グループのリスト ・ステークホルダー・エンゲージメント
102-42 ステークホルダーの特定および選定 ・ステークホルダー・エンゲージメント
102-43 ステークホルダー・エンゲージメントへのアプローチ方法 ・ステークホルダー・エンゲージメント
・「お客様の声」を経営にいかす取組
102-44 提起された重要な項目および懸念 ・ステークホルダー・エンゲージメント
・総代会・総代懇談会
・ステークホルダー・ダイアログ
6.報告実務
102-45 連結財務諸表の対象になっている事業体 ・日本生命の経営戦略(ディスクロージャー資料)
・経営に関する諸資料(ディスクロージャー資料)
102-46 報告書の内容および項目の該当範囲の確定 ・日本生命のCSR重要課題
102-47 マテリアルな項目のリスト ・日本生命のCSR重要課題
102-50 報告期間 ・編集方針
102-51 前回発行した報告書の日付 ・編集方針
102-52 報告サイクル ・編集方針
102-53 報告書に関する質問の窓口 ・編集方針
102-54 GRIスタンダードに準拠した報告であることの主張 ・GRIサステナビリティ・レポーティング・スタンダード2016 内容索引
102-55 内容索引 ・GRIサステナビリティ・レポーティング・スタンダード2016 内容索引
GRI 103:マネジメント手法
GRI-103: マネジメント手法
103-1 マテリアルな項目とその該当範囲の説明 ・日本生命のCSR重要課題
・CSR特集
103-2 マネジメント手法とその要素 ・中期経営計画(2017-2020)における主な取組・目標
・環境・社会貢献委員会
・コーポレートガバナンス体制の構築
103-3 マネジメント手法の評価 ・中期経営計画(2017-2020)における主な取組・目標
GRI 200:経済
GRI- 201: 経済パフォーマンス
201-1 創出、分配した直接的経済価値 ・業績案内
・従業員の動向
・環境会計
・地域社会とともに
GRI- 203: 間接的な経済的インパクト
203-1 インフラ投資および支援サービス ・CSR特集2:機関投資家としての取組
・これまでの主なESG投融資事例
203-2 著しい間接的な経済的インパクト ・資産運用を通じた取組
GRI- 205: 腐敗防止
205-2 腐敗防止の方針や手順に関するコミュニケーションと研修 ・コンプライアンス(法令等遵守)の推進
GRI 300:環境
GRI- 301: 原材料
301-1 使用原材料の重量または体積 ・オフィスにおける省エネ・省資源取組
301-2 使用したリサイクル材料 ・オフィスにおける省エネ・省資源取組
GRI- 302: エネルギー
302-1 組織内のエネルギー消費量 ・オフィスにおける省エネ・省資源取組
302-2 組織外のエネルギー消費量 ・オフィスにおける省エネ・省資源取組
302-3 エネルギー原単位 ・オフィスにおける省エネ・省資源取組
302-4 エネルギー消費量の削減 ・オフィスにおける省エネ・省資源取組
302-5 製品およびサービスのエネルギー必要量の削減 ・オフィスにおける省エネ・省資源取組
GRI- 303: 水
303-1 水源別の取水量 ・オフィスにおける省エネ・省資源取組
GRI- 304: 生物多様性
304-2 活動、製品、サービスが生物多様性に与える著しいインパクト ・ESG投融資の取組方針
・社会貢献活動として行う環境取組
304-3 生息地の保護・復元 ・社会貢献活動として行う環境取組
・ステークホルダーに対する取組(ディスクロージャー資料)
GRI- 305: 大気への排出
305-1 直接的な温室効果ガス(GHG)排出量(スコープ1) ・オフィスにおける省エネ・省資源取組
・環境会計
302-2 間接的な温室効果ガス(GHG)排出量(スコープ2) ・環境会計
305-3 その他の間接的な温室効果ガス(GHG)排出量(スコープ3) ・環境会計
305-5 温室効果ガス(GHG)排出量の削減 ・オフィスにおける省エネ・省資源取組
・環境会計
GRI- 306: 排水および廃棄物
306-2 種類別および処分方法別の廃棄物 ・オフィスにおける省エネ・省資源取組
GRI 400:社会
GRI- 401: 雇用
401-1 従業員の新規雇用と離職 ・従業員の動向
401-3 育児休暇 ・人財価値向上プロジェクト
・多様な働き方を後押しし、全層の活力を引き出すワークスタイル改革
GRI- 403: 労働安全衛生
403-4 労働組合との正式協定に含まれている安全衛生条項 ・労働安全衛生
GRI- 404: 研修と教育
404-2 従業員スキル向上プログラムおよび移行支援プログラム ・人財価値向上プロジェクト
・働きがいのある職場づくり
GRI- 405: ダイバーシティと機会均等
405-1 ガバナンス機関および従業員のダイバーシティ ・多様な人材の意欲・能力の最大限発揮を促すダイバーシティ推進
・従業員の動向
GRI- 412: 人権アセスメント
412-2 人権方針や手順に関する従業員研修 ・人権の尊重
GRI- 413: 地域コミュニティ
413-1 地域コミュニティとのエンゲージメント、インパクト評価、開発プログラムを実施した事業所 ・ステークホルダー・エンゲージメント
・CSR特集3:地域社会に根差した社会貢献活動の推進
・地域社会とともに
地域コミュニティ(金融業補足ガイダンス)
FS13 人口が少ない、または経済的に不利な条件におかれた地域における種類別のアクセス・ポイント ・お客様ニーズにお応えするためのサービス体制
GRI- 416: 顧客の安全衛生
416-1 製品およびサービスのカテゴリーに対する安全衛生インパクトの評価 ・商品・サービスの開発と提供
・「お客様の声」を経営にいかす取組
416-2 製品およびサービスの安全衛生インパクトに関する違反事例 ・保険金・給付金等をお支払いする事務・システム体制
・「お客様の声」を経営にいかす取組
GRI- 417: マーケティングとラベリング
417-1 製品およびサービスの情報とラベリングに関する要求事項 ・勧誘方針
GRI- 418: 顧客プライバシー
418-1 顧客プライバシーの侵害および顧客データの紛失に関して具体化した不服申立 ・個人情報保護方針
製品ポートフォリオ(金融業補足ガイダンス)
FS7 各事業分野で、特定の社会的便益を創出する目的で企画された商品やサービスの金額的価値 ・これまでの主なESG投融資事例(社会)
FS8 各事業分野で、特定の環境的便益を創出する目的で企画された商品やサービスの金額的価値 ・これまでの主なESG投融資事例(環境)