1. 日本生命保険トップ
  2. 日本生命について
  3. CSRへの取組
  4. 詳細報告
  5. お客様のために

お客様のために

当社は、生命保険事業に期待される役割をしっかりと担っていくこと、すなわちお客様への保障責任を着実に果たすことが最大の社会的責任であると考えています。
そのためには、長期的な視点に立った経営基盤の強化が必要であり、ご契約者への配当とのバランスを取りながら、自己資本の充実を進めることが重要です。
また、お客様に確実に保険金・給付金等をお支払いするためには、ご契約後のサービスの充実や商品・手続きを更にわかりやすくすることが重要であると考え、取組を進めています。

お客様本位の業務運営について

当社は、経営基本理念として「国民各層が真に求める保険を提供し、充実したサービスを行ない、契約者に対する経済的保障責任を誠実に果たすことを第一義とする」旨を掲げ、創業以来、相互扶助の精神にもとづき、お客様にお約束した保険金・給付金等を確実にお支払いすることを通じて、お客様の生活の安定と向上に寄与するべく努めてまいりました。
今般、お客様本位の業務運営をより一層推進するため、「お客様本位の業務運営に係る方針」を制定するとともに、当該方針に係る取組状況を「お客様本位の業務運営に係る取組内容」として作成しています。当該方針および取組内容は、今後定期的に更新してまいります。

勧誘方針

当社では、お客様のニーズを総合的に勘案して保険を提案することや、説明方法等に工夫をこらし、お客様に十分ご理解いただけるよう努力すること等が重要であると考えています。保険その他金融商品の販売時における当社の姿勢を「ニッセイの勧誘方針」として定めています。

商品・サービスの開発と提供

ニッセイみらいのカタチ

多様化するお客様ニーズに生涯にわたりお応えするとともに、お客様に更なる安心をお届けするため、2012年4月に、生命保険商品「ニッセイみらいのカタチ」を発売しました。
当商品では、従来の「主契約に特約を付加する方式」から、「一つひとつの保険を単品として提供する方式」へと変更し、お客様にとって必要な保険を選んでいただき自在に組み合わせることで、多様化するお客様ニーズの変化に合わせて「必要な部分だけを見直す」、「新たな保険契約を追加する」等、保障内容を自在に見直すことができます。加えて、各保険についても、お客様にとってわかりやすくシンプルな保障内容とすることをコンセプトに、全面的に刷新しました。更に、「ずっともっとサービス」、「ベストドクターズ®・サービス」、「ケア・ガイダンス・サービス」など、充実したサービスを提供しております。このように当商品では商品体系の抜本的見直し、お客様にとってわかりやすくシンプルな保障内容、サービスの充実により、進化した保障を提供します。
※組み合わせには所定の制限があります。
※お申し出時に当社が各制度を取扱っていない場合はご利用できません。

ニッセイみらいのカタチ

ニッセイ長寿生存保険(低解約払戻金型)「Gran Ageグランエイジ

2016年4月に、長いセカンドライフを「安心して・自分らしく」お過ごしいただくために、シニア向けのニッセイ長寿生存保険(低解約払戻金型)「Gran Ageグランエイジ」を発売しました。
当商品は、死亡時のお支払金を抑え、長生きした際に大きな金額をお支払いするという考えにもとづき開発した、「長生きのための新しい保険」です。 死亡保障を行わず、解約払戻金を低く設定することで年金額(年金原資)を大きくした商品は、 国内生命保険業界初となります。

年金開始日前の死亡払戻金を、お支払いただいた保険料よりも小さくすることにより、お受取りいただく年金額を大きくした商品性は、国内生命保険業界初となります(2016年3月現在、当社調べ)。

ニッセイ出産サポート給付金付3大疾病保障保険「ChouChou!シュシュ

2016年10月に、女性向けのニッセイ出産サポート給付金付3大疾病保障保険「ChouChou!シュシュ」を発売しました。
当商品は、3大疾病(所定のがん・急性心筋梗塞・脳卒中)や死亡の保障に加え、出産時の給付や特定不妊治療(体外受精・顕微授精)の保障、満期時の一時金を組込んだ商品です。
特定不妊治療の保障は、2016年4月1日施行の保険業法施行規則の改正により、不妊治療に係る保険の引受けが解禁されたことを受けたものであり、出産時の給付と特定不妊治療の保障により出産をサポートする商品は、国内生命保険業界初となります(*2016年9月現在、当社調べ)。
当社はこれまでも「女性が輝く社会のために」をコンセプトに、女性の健康・子育て応援・活躍推進に資する様々な取組を実施してまいりました。これらの取組に加え、当商品による女性のがん等の重い病気や出産・不妊に関する保障の提供を通じ、女性が輝く社会づくりに一層貢献してまいります。

ずっともっとサービス

「ずっともっとサービス」は、「お客様お一人おひとりにとってより良いアフターサービスを実現し、ずっともっとお役に立ちたい」といった思いから生まれた、当社独自のご契約者向けサービスです。
このサービスを通じてお客様やご家族の近況をお知らせいただくことで、暮らしの変化にあったより役立つ情報の提供や保険金・給付金等のお支払いをはじめとした各種お手続きをスムーズに行えるようになります。

ベストドクターズ・サービス

ベストドクターズ社が独自に選定した専門医(Best Doctors in Japan TM)の中から、治療やセカンドオピニオンの取得に適した日本の医師をご紹介します。

  • ベストドクターズ・サービスは、ベストドクターズ社が提供するサービスであり、当社の提供する保険またはサービスではありません。
  • Best Doctors®、ベストドクターズ、Best Doctors in Japanは米国およびその他の国におけるBest Doctors, Inc.の商標です。

ケア・ガイダンス・サービス(介護に備える訪問相談サービス)

ニチイ学館の有資格者(ケアマネジャー等)がお客様のご自宅に訪問し、将来の介護について相談をお受けします。

  • ケア・ガイダンス・サービスは、(株)ライフケアパートナーズがご案内・お取次ぎするサービスであり、当社の提供する保険またはサービスではありません。

法人ずっともっとサービス

経営者向け保険にご加入し、ご登録いただいた法人のお客様に、「法人ずっともっとサービス」を提供しています。
ご契約内容の確認から資金取引まで、経理業務に役立つ機能をインターネット上でご利用になれる「ニッセイ法人インターネットサービス」と、無料の経営相談サービスや、各種福利厚生に関する優待・割引サービスがご利用になれる「経営相談・福利厚生サービス」で構成されており、企業経営者の日々を支え、お役に立てるサービスです。

ニッセイご遺族あんしんサポート

当社では、2016年4月から、死亡保険金受取人向けの業界初のサービス(2016年2月現在、当社調べ)「ニッセイご遺族あんしんサポート」を開始しました。
当サービスは無料にて、被保険者の死亡に伴い必要となる「手続・税金等に関する電話相談」「相続財産額に応じた相続税額の目安等を参考資料にて提供」「各種手続のサポートや代行が可能な専門家のご案内」をご利用いただけるものです。長寿化とともにご遺族の高齢化も進む中で、ご心痛な状況において不慣れな手続を担われるご遺族に寄添い、スムーズな手続をサポートしてまいります。

ご利用内容に応じて税理士法人、司法書士法人、行政書士法人と契約を結んでいただきます。各法人等との契約にもとづき手続のサポートや代行を利用する場合、利用料金がかかります。

保険金・給付金等をお支払いする事務・システム体制

お客様からのサービスレベル向上へのご期待にお応えするため、契約のお引受け、保険金・給付金等のお支払い、コールセンター等の業務を、本部で一体となって運営する体制を整え、円滑かつ万全なサービスの提供に努めております。
今後とも、ご契約内容の変更や保険金・給付金の請求といった各種お手続きの簡素化・ペーパーレス化を推進する中で、お客様の利便性の向上や環境への配慮に向けた取組を推進してまいります。

支払アンダーライティングシステムの開発

お客様にとってわかりやすく、簡明なお手続き、正確で迅速な支払査定ともれのない請求案内、お支払いの後の丁寧なアフターサービスを実現した、「支払アンダーライティングシステム」を2010年5月に開始しています。
具体的には、手術名・疾病名をはじめとした診断書情報をデータベース化し、デジタル情報を活用することで、支払査定判断の自動化を可能とするシステム基盤を構築しました。

診断書機械印字ソフトの開発・普及促進

保険金・給付金等のお支払い問題への対応を通じ、主治医にご記入いただく診断書にも課題があったと考え、主治医が記入しやすく、また、査定担当者も見やすくするよう、関係者の意見をお聞きして、診断書を改訂しました。
更に、当社グループで「診断書機械印字ソフト」の開発に取り組んでまいりました。2007年12月からは、日本生命単独の取組から、生保、損保、共済等の業界全体のインフラ作りとして、業界を挙げて取り組んでいます。
また、2009年度より、診断書機械印字ソフトに読み取るだけで診断書情報をすべてデータ化することが可能なQRコードを導入し、当ソフトをご利用の診断書についてはより迅速な支払査定が可能となりました。
診断書機械印字ソフトは、確実・迅速な診断書情報の把握だけでなく、お客様や主治医のご負担軽減にもつながるため、普及促進に努め、多くの医療機関に導入いただいています。
QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

公平かつ客観的な支払査定のために

当社は、保険金や給付金のお支払いに関して、担当者の説明でご納得いただけない場合に、電話でご照会にお応えする「保険金・給付金のお受取りに関する相談窓口」を開設しています。また、第三者にご相談をお考えのお客様には、社外弁護士(当社とは顧問契約を締結していない弁護士)をご紹介し、無料でご相談いただける「社外弁護士相談制度」もご用意しています。(2014年4月より、「お申出制度(社外弁護士相談制度)」から名称変更)
また、ご請求の際に当社所定の診断書を取寄せいただいたにもかかわらず、保険金・給付金をお支払いできなかったお客様には、その診断書費用の一定額を負担する取組を2007年12月より開始しています。

【2016年度 社外弁護士相談制度のご利用状況】

  件数(件)
「社外弁護士相談制度」を利用された案件 5
「社外弁護士相談制度」にて再査定のご要望があり、「支払サービス審査会」にて審議を行った案件 4
「支払サービス審査会」での審議の結果、勧告を受けた案件 0

なお、当社では、 保険金・給付金に関するお客様からの異議等を受け、支払査定の適切性の審査を行い、支払担当部門に保険金・給付金支払に関する勧告を行う機関として、社外弁護士2名を会長・副会長とした、「支払サービス審査会」を設置しています。
「社外弁護士相談制度」にてご納得いただけず、再査定のご要望があった場合には、「支払サービス審査会」にて審議を行うこととしています。

保険金・給付金のお支払状況

生命保険は、多くの人々が、保障を通じて相互に助け合う制度であり、お客様の万一の場合や病気・ケガへの保障を提供しています。
2016年度、保険金のお支払件数は97,219件、給付金のお支払件数は1,417,859件となりました。
一方、お支払非該当となったご契約は、保険金で3,973件、給付金で46,127件となりました。

お客様ニーズにお応えするためのサービス体制

生命保険は長期にわたるご契約であり、契約期間を通じてご満足いただけるアフターサービスは極めて重要です。一方で、ライフスタイルの多様化等を背景に、様々な形でのサービスの提供が求められており、お客様のご要望にお応えできる体制の充実にも積極的に取り組んでいます。

ご契約内容確認活動

2007年8月より、約5万名の営業職員が全国のお客様を訪問し、ご契約の状況や保険金の支払事由等をあらためて詳しくご説明させていただく「ご契約内容確認活動」を開始しました。
この活動は、保険金・給付金等の支払問題の再発防止の観点から始まりましたが、お客様からは、「自分の契約についての理解が深まった」との声を多く頂戴しました。
当社は、こうしたご意見をふまえ、お一人おひとりにより良いサービスを提供するために、お客様と直接お話させていただく機会として、精力的にこの活動を続けています。

全国に展開するライフプラザ

お客様が気軽に来店できるライフプラザを、全都道府県99カ所(2017年7月現在)に展開しています。店内では、各種お手続きやご相談に加え、年金・税務等の無料セミナーを開催する等、地域に根ざしたお客様サービスを目指しています。

ライフプラザ丸の内

セミナー風景

コールセンターの品質向上

コールセンター

お客様の様々なご要望にお応えするために、コールセンターでのお客様サービスの充実に取り組んでいます。コールセンターに寄せられる全国各地からのお申出は、年間約100万件で、保険金・給付金のご請求、住所変更等の各種お手続きを専門のオペレーターが受け付け、丁寧でわかりやすい、かつスピーディーな応対に努めています。
また、2017年6月より、ご高齢のお客様を対象とした専用ダイヤルを開設しました。自動音声案内を通さず、オペレーターに直接つながり、分かりやすく丁寧に応対するとともに、手続書類を送付した後に、お客様の手続内容等に応じて、「手続きフォローコール」を実施し、書類の記入方法や必要書類準備等のアドバイスを行います。

確定拠出年金コールセンターの設置

確定拠出年金コールセンター

当社は、全てのお手続き・ご照会・ご相談が1カ所で完結する、加入者の方々にとって使い勝手の良い確定拠出年金コールセンターを設置しています。当センターでは、加入者様からの資産額のご照会や、確定拠出年金の制度、投資の基礎知識や個別の運用商品に関するご照会に、専門のオペレーターがお答えします。また、お客様の立場に立ったサービスが、サポートサービス業界の国際機関Help Desk Instituteの日本法人であるHDI-Japanから高く評価され、2016年8月、4年連続で「五つ星認証」を取得しました。
五つ星認証:「問合せ窓口格付け」において最高ランクの「三つ星格付け」と、マネジメント・業務プロセスに対して評価される「サポートセンター認証」の両方を取得したコールセンターに付与。

営業職員用携帯端末“REVO”の導入

お客様サービス向上の観点から、2012年4月から営業職員用携帯端末を刷新し、全国約5万名の営業職員に配備しております。当端末では、保険のご提案やお申込み、各種手続きがお客様の面前で完結できます。また、万一当端末を紛失した場合でも、データの暗号化等に加えて、遠隔地からデータ消去可能な機能を備えることで、個人情報保護等のセキュリティ機能を強化しています。

「訪問準備システム」特許取得

2015年4月から、上記営業職員携帯端末「REVO」に登載している「訪問準備システム」が2016年11月16日に当社3件目となる特許を取得しました。
当システムは、お客様の年齢・性別等の属性情報や世帯情報、既契約情報、当社独自サービスの活用状況、当社営業職員によるコンタクト履歴を1画面に集約・表示しております。
また、約4,000万名のビッグデータを統計分析することにより、約500のお客様セグメントに対応した加入傾向や約2,000種類のお客様のニーズに応じたアドバイスメッセージを表示することで、お客様への最適なコンサルティング活動を支援するシステムとなっております。
当システムの導入により、これまで以上にお客様一人ひとりへのきめ細かなコンサルティングが可能となり、約5万名の営業職員のフェイス・トゥ・フェイスでの活動をインフラ面から支えています。

職域マーケットへのサービスの充実

新入社員向けの保険説明会

企業のセキュリティ強化が進むに伴い、営業職員がお客様の勤務先におうかがいすることが難しくなってきています。一方で、「職場に来てもらった方が助かる」といったご要望もふまえ、様々な取組を行っています。
具体的には、お許しいただける場所や時間の範囲で、職場で働く従業員の皆様への個別コンサルティングやアフターサービスを積極的に行っています。また、新入社員の教育研修の一環としてご活用いただける「ルーキーズセミナー」や、関心の高まる年金制度についての基礎知識をご説明する「年金セミナー」を開催する等、企業で働く従業員の皆様へのサービスの充実を目指しています。

幅広いサポート

お客様ニーズが更に多様化していく中、日本生命は保険だけではカバーできない、人生100年を多様な面から支える「保険+α」の価値を提供するべく、「子育て支援」「ヘルスケア」「高齢社会対応」において、社会貢献活動も含めて、幅広いサポートを提供しています。

ニチイ学館との企業主導型保育所の全国展開(子育て支援)

待機児童問題の解決に貢献する取組として、当社は2017年4月よりニチイ学館と協働で企業主導型保育所の全国展開を開始し、2018年4月までに全都道府県約100カ所の保育所を開所します。
当社とニチイ学館は、自社従業員だけでなく、地域住民や一般企業等広く利用者を募っていく方針であり、当社は社会課題解決に貢献するとともに、女性の活躍推進を一層支えてまいります。

健康増進支援サービスの展開(ヘルスケア)

「人生100年時代」を迎える中、個人においては、より長く健康でありたいというニーズ、企業においては、健康保険組合の財政を健全化したいというニーズや、労働生産性向上に向け従業員の健康問題を解決したいというニーズが高まっています。

こうしたニーズや現状をふまえ、当社はヘルスケア事業を本格展開し、国民の健康寿命延伸に貢献するとともに、本業である保険事業の高度化を実現し、お客様サービスや利便性の向上を目指してまいります。
企業・団体・健康保険組合・共済組合向けには、野村総合研究所およびリクルートライフスタイルと共同で「ニッセイ健康増進コンサルティングサービス(企業・団体・健保・共済組合向け)」を開発し、2018年4月(予定)から提供します。

当社は、2017年4月より、個人のご契約者向けサービスとして提供している「ずっともっとサービス」に「健康サポートマイル」を新たに導入しました。更に、マピオンが開発したウォーキングアプリ「aruku&(あるくと)」に特別協賛し、今後は、このアプリの利用状況に応じてサンクスマイルが貯まる仕組み等、「健康サポートマイル」の更なる充実を図ってまいります。

Gran Ageグランエイジプロジェクト』の推進(高齢社会対応)

Gran Ageグランエイジプロジェクト』の一環として、 当社は厚生労働省主催の健康寿命を のばす運動(スマート・ライフ・プロジェクト) に参画しています。

日本の平均寿命は年々伸長しており、“人生100年”とも言える長寿社会が到来しています。
当社は、長生きのための保険「Gran Ageグランエイジ」等の魅力的な商品、ご高齢のお客様やご家族をお支えするサービスの開発に加え、地域社会への活動等も推進しています。
今後も、「人生100年時代」をお一人おひとりが「安心して・自分らしく」より豊かに生き、“明るい”長寿時代にすることをサポートしてまいります。