1. 日本生命保険トップ
  2. 日本生命について
  3. 会社情報
  4. 相互会社運営
  5. 総代会・総代懇談会
  6. 平成24年度総代懇談会開催結果のお知らせ

総代会・総代懇談会

平成24年度総代懇談会開催結果のお知らせ

平成24年度総代懇談会開催結果は下記のとおりです。

開催日 平成24年12月4日(火曜日)
出席総代 159名

主な議事経過

当社側より、「平成24年度上半期業績」「経営課題への取組(厳しさを増す経営環境への対応、新統合戦略の本格展開)」について説明を行い、最後に、総代方と意見交換を行った。

当日のご意見から

  • 銀行窓販について、販売が好調であることから、運用リスクの増大を懸念する報道がなされている。これに対し、どのような対応策を考えているのか。また、販売を縮小する考えがあるなら、顧客にどのように説明していくのか。
  • 新統合戦略、とりわけ新携帯端末「REVO」の導入後、保険料収納やペーパーレス、営業職員の労働環境等、具体的な成果がどれくらいあったのか。
  • 中国におけるデモにより日本企業にも多くの影響が出ているが、長生人寿保険有限公司における保険販売の近況を教えてほしい。
  • 自身の契約の担当者が頻繁に変わるため、その都度、家族の様子や自身のニーズを説明している。現在全社で進めている営業サービス活動のさらなる浸透・徹底やきめ細かい評価等を通じて、お客様満足度の向上につなげてほしい。
  • 「職員のモチベーション向上」や「離職率の引き下げ」に対して、ニッセイとしてどのように取り組んでいるのか。また、若年層を中心に、悩みを共有できる環境づくりが有効であり、例えば集合研修はその絶好の機会であると考えるが、新人研修以後に研修を受ける機会はどのくらいあるのか。
  • 高齢化社会が進行していくなか、シニア層向けの商品・サービスに力を入れているようだが、「ベストドクターズ・サービス」や「ケア・ガイダンス・サービス」について、具体的なサービスの内容を教えてほしい。また、今後、介護サービスそのものを提供する「現物給付」型の商品開発に取り組む予定はあるのか。
  • 手続きのWEB化が進んでいるが、取引それぞれに「ID」と「パスワード」が必要になっている。例えば、企業年金・役員保険・従業員の個人保険について、共通の「ID」と「パスワード」で様々な諸手続きが可能になるよう検討してほしい。
  • 商品体系の刷新や新しいテレビコマーシャルによるPR等、ターゲットをどう捉えて、他社とどう差別化し顧客とコミュニケーションを図っていこうとしているのか。全体像をブランドという観点から説明してほしい。
  • 海外展開について、現時点における評価、今後の課題をどう認識しているのか。
  • 女性の活躍推進や企業活動の活力・成長に向けた女性の活用について、対外的な発信も含め、積極的に取り組んでほしい。

以上