1. 日本生命保険トップ
  2. 日本生命について
  3. 会社情報
  4. ご挨拶

ご挨拶

お客様の大切な想いに寄り添い、その想いをいちばん近くで支え続けてまいります。〜“大切な人を想う”のいちばん近くで。〜

代表取締役社長 筒井義信

 日頃より、日本生命をお引き立ていただき、誠にありがとうございます。

 各地で発生した地震や台風等の自然災害で被災された皆様に心よりお見舞い申しあげます。被災されたすべての方が、安心して生活ができる環境に戻れますよう、お祈り申しあげます。

 当社は、平成27年4月から、10年後を見据えた「中長期的な成長基盤の構築」と「揺るぎない国内No.1プレゼンスの確立」を目標に掲げ、3カ年経営計画「全・進」に取り組んでおります。低金利環境が継続しており、当社にとっても資産運用や商品面で厳しい状況となっておりますが、今年度は「全・進」の目標達成に道筋をつける大切な一年として、全役員・職員が心を一つにして取り組んでまいります。

【成長戦略】

国内保険事業の強化

 社会構造の変化や多様化したお客様のニーズに対応した商品・サービスを提供してまいります。

 平成28年4月から「ニッセイ長寿生存保険(低解約払戻金型)『Gran Age』」を発売しました。長寿化に備えるために、亡くなられた時の払戻金をお支払いいただいた保険料よりも小さくし、その分年金額を大きくするという業界初の仕組みを取り入れ、終身にわたる経済的な保障ニーズにお応えできる商品です。

 更に、平成28年10月に、女性向けに「ニッセイ出産サポート給付金付3大疾病保障保険『ChouChou!』」を発売しました。出産時の給付と特定不妊治療の保障により出産をサポートする商品は、業界初となります。

グループ事業の強化

 中長期的な成長基盤の構築を目指し、海外保険事業、アセットマネジメント事業、国内生命保険マーケットの深耕に資する事業を中心に、グループ全体での収益拡大に取り組んでまいります。

 平成28年4月から、三井生命との経営統合後の全体戦略を担う組織として、「統合戦略室」を立ち上げ、相互の人材交流、商品供給力の強化や資産運用の体制強化等に取り組んでおります。

 また、平成27年10月、ナショナルオーストラリア銀行との間で合意したMLC生保事業の取得に関して、平成28年10月に子会社化を完了いたしました。

【経営基盤構築】

顧客基盤強化

 お客様の多様なニーズにきめ細やかに対応し、よりご満足いただけるよう、サービス態勢の強化に取り組んでまいります。

 平成28年4月から、お客様の万一の場合にご遺族が担われる様々な手続きをサポートする「ニッセイご遺族あんしんサポート」を開始しました。また、平成28年9月から、営業職員が使用する携帯端末「REVO」に「まごころナビ」を導入し、ご加入後、ライフイベントに伴い必要となる各種お手続きについて、もれなく、かつわかりやすくご案内すること等を通じて、お客様の利便性を大きく高めました。

財務基盤強化

 強固な財務基盤の構築により、お客様へ長期の保障責任を全うし、配当を安定・充実させてまいります。

 健全性の更なる向上のため、自己資本を充実させるべく、平成28年4月に国内で1,000億円の劣後債を発行しました。資産運用では、継続する低金利環境下においても安定して利回りを確保するため、外国債券や内外クレジットへの投資、成長・新規領域への投融資を強化しております。また、環境・社会・ガバナンス(ESG)をテーマとした債券投資額は、9月末までで1,100億円を超えました。

”人財”育成

 平成27年度から、私を座長とする「人財価値向上プロジェクト」をスタートさせ、「自らの職務に高い使命感と誇りを持ち、人としての魅力に溢れる“人財”の育成」に取り組んでおります。また、所属長(課長層)をニッセイ版“イクボス”として任命し、プロジェクト推進の要として重点的に育成しております。

 また、当社では、すべての職員がイキイキと活躍していくために、「ワーク・ライフ・バランスの向上」と「健康増進」に取り組み、「健康経営」を推進しております。更に、今年度は、職員の介護と仕事の両立を促すために、介護に関するセミナーや、ボランティアへの参加等を通じ、理解を深める「介護に向き合う全員行動」を推進しております。

 当社では、「人生100年時代」を生きるお一人おひとりが、「安心して・自分らしく」過ごすことができる社会づくりをサポートするため、「Gran Ageプロジェクト」を展開し、商品・サービスの提供だけでなく健康増進に関する情報提供等を行っております。当社の企業メッセージ「“大切な人を想う”のいちばん近くで」に込めた、大切な人を想うあらゆるお客様にとって、「親しみやすく、最も身近な生命保険会社でありたい」という想いを胸に、すべての職員がお客様のお役に立てるよう「全・進」してまいります。

 引き続き、ご支援、ご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

平成28年12月
代表取締役社長
筒井義信