1. 日本生命保険トップ
  2. 利益相反の管理について

利益相反の管理について

ニッセイは、お客様の利益の保護に万全を尽くすため、以下の方針のもと、お客様の利益が不当に害されるおそれのある取引を適切に管理(以下「利益相反管理」といいます。)してまいります。

1.利益相反管理の対象

ニッセイは、ニッセイおよびその子金融機関等(以下、総称して「ニッセイ等」といいます。)がお客様と行う取引のうち、お客様の利益が不当に害されるおそれのある取引を対象として利益相反管理を行います。
なお、対象とする主な子金融機関等は、以下のとおりです。

  • 三井生命保険株式会社
  • ニッセイアセットマネジメント株式会社
  • 日本マスタートラスト信託銀行株式会社

2.対象取引の類型および特定

ニッセイは、お客様が自己の利益を優先させてくれると通常期待される状況が存在し、以下に該当するような場合の取引を、お客様の利益が不当に害されるおそれのある取引として利益相反管理の対象といたします。

  • お客様の不利益のもと、ニッセイ等が利益を得る可能性がある場合
  • お客様の利益よりも他のお客様を優先する経済的その他の誘引がある場合
  • お客様との関係を通じて入手した情報をニッセイ等が不当に利用して利益を得る可能性がある場合
  • その他お客様の利益が不当に害されるおそれのある場合

なお、利益相反管理の対象となる取引を特定するにあたっては、各会社の業務の内容や規模、特性等を勘案するとともに、個別具体的な事情に応じて決定いたします。

3.利益相反管理の方法

ニッセイは利益相反管理の方法として、以下に掲げる方法その他の措置を適宜選択し組み合わせて講じることにより、お客様の保護を適正に確保いたします。

  • 対象取引を行う部門と当該お客様との取引を行う部門を分離する方法
  • 対象取引または当該お客様との取引の条件または方法を変更する方法
  • 対象取引または当該お客様との取引を中止する方法
  • 対象取引に伴い、当該お客様の利益が不当に害されるおそれがあることについて、当該お客様に適切に開示する方法(ただし、ニッセイ等が負う守秘義務に違反しない場合に限ります。)

4.利益相反管理体制

ニッセイは、利益相反管理が適切になされるよう、営業部門から独立した利益相反管理統括部署の設置および責任者の配置を行い、ニッセイ等が行うお客様の利益が不当に害されるおそれのある取引の情報を集約するとともに、対象取引の特定・類型化および管理を一元的に行います。
また、これらの管理体制を継続的に評価・検証し、新規の業務活動や、法令等改正等に対しても的確に対応してまいります。