1. 日本生命保険トップ
  2. 法人のお客様
  3. 法人向け取扱商品と制度のご案内
  4. 確定拠出年金(企業型)
  5. 企業型確定拠出年金の開始 〜規約作成・掛金設定〜

企業型確定拠出年金の開始 〜規約作成・掛金設定〜

規約作成

事業主様は、労使合意に基づき「企業型年金規約」を作成し、厚生労働大臣の承認を受ける必要があります。
承認後、事業主様は従業員の方などに対し、「企業型年金規約」の内容を周知する必要があります。

複数企業による制度実施

複数の企業が共同して制度を実施することも可能です。
この場合、企業ごとに労使合意が必要となります。

労使合意とは

掛金設定

事業主様が毎月掛金を拠出します。規約に定めた場合は、ご加入者も掛金の拠出が可能です。(マッチング拠出)*1。事業主・加入者掛金額は確定拠出年金法で定められた限度額の範囲内で規約または規程に定める必要があります。

掛金設定

算定方法要件
定額全員同じ金額とすること
定率基準給与×定率。基準給与は基本給などを使用。率は全員同じ率。
定額+定率上記の組み合わせ

拠出限度額(ご加入者1人あたり)

企業年金*2の有無拠出限度額(月額)*3
あり2.75万円/月(1.55万円/月)*4
なし5.5万円/月(3.5万円/月)*4
  • *1企業型確定拠出年金加入者が「事業主掛金額以内」かつ「事業主掛金と合計で法令に定める拠出限度額以内」で自ら掛金を拠出することができる制度
  • *2確定給付企業年金・厚生年金基金など
  • *3事業主掛金と加入者掛金の合計額(月額)
  • *4()内は企業型確定拠出年金があり、企業型確定拠出年金規約で個人型確定拠出年金への加入を認めている場合
  • 記載内容につきましては、平成29年1月1日現在の法令・状況等に基づいたものです。将来的に変更されることがあります。